このページの先頭へ

<スポンサーリンク>

ウェットスーツメーカーはたくさんあります。私の知ってる代表的なウェットスーツメーカーを紹介します。あくまでも私の好みのウェットスーツメーカーなので参考程度に見てくださいね。

メーカー

 

 

メーカー

 

 

WEST

 

 

1982年、ウエスタンオーストラリアのパトリックと

 

ロジャーの二人によりスタート。

 

ウエスタンオーストラリアで生まれたウエットスーツなので

 

『ウエストスーツ』という名前になったそうです。

 

日本でスタートしたのは1992年。

 

千葉県和田浦を拠点に活躍しています。

 

南房総の海へ行くとwestのウェットを着ている

 

サーファーをよく見かけます。

 

http://www.westsuits-japan.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー

 

ZERO−ONE

 

MADE IN JAPANにこだわる

 

日本を代表するメーカー。

 

5つのコンセプト

 

「ムーブメント」・「フィット感」・「デザイン」・「ハイクウォリティ」・「保温性」

 

を大事にしています。

 

http://www.riga.co.jp/zo/zo.htm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー

 

 

4DIMENSIONS

 

 

ネックエントリーの先駆け的ブランド。

 

ブランドネームの由来は、

 

現在・過去・未来+αである4次元を

 

意味しています。

 

ライダーである進藤 晃、

 

クラフトマン、セールスマンのフィードバックにより、

 

見た目だけでなく、

 

「可動性」・「保温性」・「クウォリティ」を

 

とことん追求しています。

 

http://www.threeocean.net/4dimensions/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー

 

 

HURLEY

 

 

創業者はあの有名なボブ・ハーレー。

 

1979年に南カリフォルニアに設立する。

 

ライダーはジョン・ジョン・フローレンスが有名ですね。

 

ハーレーのウェットはとにかくオシャレ。

 

アパレル関係もオシャレでとても人気があります。

 

私もハーレーは大好きです。

 

http://www.hurley.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー

 

 

O'Neill

 

 

言わずと知れたウェットメーカーを代表する

 

カリフォルニアのメーカー。

 

有名なライダーは、

 

ジョディ・スミス・田中樹が有名ですね。

 

1952年、

 

ジャック・オニールが海軍の潜水服からヒントを得て、

 

世界で初めてウェットスーツを開発したのが始まりです。

 

とにかく長い歴史があります。

 

製造は東北のモビーディック社で製造しています。

 

冷たい海では定評があるウェットメーカー。

 

私もオニールは何回か愛用してますが、

 

とにかく暖かい・動きやすいです。

 

現在も使用しています。

 

https://www.mobby.co.jp/products/lineup/surf_bb.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー

 

 

Body Glove

 

 

ブランドネームの由来は、

 

「グローブのようなフィット感」

 

のウェットスーツであることから

 

BodyGloveと名付けられた。

 

本社はカリフォルニア。

 

全世界で人気のあるウェットメーカーです。

 

http://www.stallion-japan.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー

 

 

BILLABONG

 

 

1973年、

 

オーストラリア・ゴールドコーストで

 

手製のボードショーツを作ることから

 

スタートしたBILLABONG(ビラボン)。

 

現在ではバラエティ豊富な水着、Tシャツ・トレーナーなど

 

アパレル関係でもよく目にしますね。

 

アウトレットショップでもよく見かけます。

 

私はビラボンのウェットスーツ着たことありますが、

 

性能は良くデザインもかっこいいです。

 

http://www.billabong.com/jp/product/38/summer-wetsuits-17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー

 

 

AIRTIGHT

 

 

1997年4月にジップレススーツの特許を

 

取得したメーカーです。

 

進化したネックプラットフォームにより、

 

簡単な脱着が可能になりました。

 

またとても軽く・動きやすいです。

 

私も使用したことありますがお勧めです。

 

http://www.nouvellevague.co.jp/wetsuits/airtight/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー

 

 

RLM RUBBER

 

 

湘南・茅ヶ崎にホームを持つウェットスーツメーカー。

 

有名なライダーは森哲太プロを始め、

 

たくさんのプロライダーがいます。

 

多くの女性からのフィードバックを受け

 

レディースモデルも充実しています。

 

様々なカラーバリエーションを望む声に答え、

 

全33色のジャージカラーを採用したりと、

 

まさにユーザー本位の製品を作り続けています。

 

http://www.threeocean.net/therlm/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー

 

 

MAXIM

 

 

1986年、鎌倉でオープンする。

 

MAXIMではウェットスーツのことを

 

「クラフトスーツ」と呼び

 

1着1着を丹精を込めて作り上げています。

 

http://www.maxim-craft.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー

 

 

RIP CURL

 

 

1969年、

 

オーストラリア・ベルズビーチからスタートする。

 

ライダーはあの有名なミック・ファニング。

 

世界的に有名なウェットメーカーです。

 

http://www.ripcurl-jp.com/wetsuits.html

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

はじめに
ウェットスーツ全般について簡単に説明してます。
種類
ウェットスーツは1着で1年を過ごすのではなく、季節によってウェットスーツを変えます。快適にサーフィンをやるにはとても大切なことなんです。いくつか種類があるので簡単に説明してます。

はじめに Surfboard Wetsuit 小物 技の種類 MarineSports 雑学 ポイント紹介 日記&News