このページの先頭へ

<スポンサーリンク>

ウェットスーツは1着で1年を過ごすのではなく、季節によってウェットスーツを変えます。快適にサーフィンをやるにはとても大切なことなんです。いくつか種類があるので簡単に説明してます。

種類

 

 

ウェットスーツというと

 

冬に着るイメージありませんか?

 

実は1年中着てるんですよ。
(夏は着ない人もいます。)

 

ウェットスーツと言っても

 

いろいろな形・厚さのものがあるんです。

 

ウェットスーツは10年前に比べると

 

格段に進化しています。

 

保温性・動きやすさ・着替えやすさなど・・・。

 

そしてデザインもオシャレになってるし

 

カラーバリエーションも豊富です。

 

洋服選びと同じで種類が多くて迷っちゃいますよ。

 

ということで、

 

簡単ですがウェットスーツの種類を紹介したいと思います。

 

参考までに・・・、

 

お金を節約したければ、

 

セミドライジャージフルスーツで大丈夫です。

 

私は貧乏サーファーなので

 

この2種類しか持ってません。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

種類

 

 

ドライスーツ

 

 

真冬用(1〜3月)に適したウェットスーツになります。

 

とにかく暖かい!らしい・・・。

 

私、着たことないんです。

 

お金なくて・・・。

 

防水性が極めて高く、

 

ウェットスーツ内に水が入ってこないんです。

 

パーリングを何回もすれば入ってきますけどね。

 

びしょびしょにはなりません。

 

防水性が高いので、

 

ヒートテックなどのインナーを着て入れます

 

またブーツも一体型になっているので

 

靴下もはいて入れます

 

だから着替える時も裸にならないので

 

寒くないんです。

 

夢のようなウェットスーツですよね。

 

ただ弱点もあります。

 

ブーツが一体型になってるので、

 

硬いものや尖ったものを踏んで穴があくと

 

ウェットスーツ丸ごと修理になります

 

尿を足すこともできません

 

あとは値段ですね。

 

目安として15万円くらいかな。

 

他のウェットスーツに比べて高めです。

 

私の友達がオニールのドライスーツを着てますが

 

メチャメチャ暖かいらしいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類

 

 

セミドライ

 

 

冬用(12〜3月)に適したウェットスーツになります。

 

私はドライスーツを持ってないので

 

真冬もセミドライで入ってます。

 

セミドライの進化はすさまじく

 

10年前に比べると格段に保温性が高くなってます。

 

保温性の進化に伴い、

 

ウェットスーツの厚さを薄くすることができ、

 

暖かくて動きやすいウェットスーツが実現しています。

 

ブーツ一体型ではないので、

 

ブーツ単体で交換できますし、

 

尿を足すこともできます。

 

ウェットスーツの厚さですが、

 

一般的にはよく動かす腕・足まわりは3mm、

 

動かない胸まわりは5mmが多いですね。

 

値段はドライスーツに比べると半値くらいです。

 

弱点は着替える時とにかく寒いです。

 

あとウェットスーツの表面がラバーになってるので

 

年数が経つと硬くなってきて

 

動きにくくなってきます。

 

保温性も低下してきます。

 

目安は3年くらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類

 

 

ジャージフルスーツ

 

 

春(4〜6月)秋(9〜11月)に適した

 

ウェットスーツになります。

 

1年間で最も多く着られるウェットスーツですね。

 

私は朝早く海に入ることが多いので

 

夏でもジャージフルスーツを着てることがあります。

 

長袖・長ズボンで材質がジャージ素材になります。

 

保温性はセミドライに比べると落ちますが、

 

伸縮性が良いので

 

とても動きやすいです。

 

厚さは腕・足まわりが2mm、胸まわりが3mm

 

もしくは、オール3mmが一般的です。

 

ジャージはラバーのように硬くなることはないので、

 

デザインの古さと多少の色落ちが気にならなければ

 

4年は使えます。

 

あと体系が変わらなければね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類

 

 

シーガル

 

 

5月下旬〜7月9月中旬〜10月

 

適したウェットスーツになります。

 

簡単に言えば半袖のウェットスーツです。

 

水温が少し冷たく、

 

外気が暖かいときにいいですね。

 

1年間サーフィンする人で多いのが、

 

セミドライ・ジャージフルスーツ・シーガルの3着持ってる人が

 

多いような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類

 

 

ロングスプリング

 

 

シーガルと同じく

 

5月下旬〜7月9月中旬〜10月

 

に適したウェットスーツになります。

 

簡単に言うと

 

長袖・半ズボンのウェットスーツです。

 

使い分けとしては、

 

ロングスプリングは水は暖かくて

 

風が強いときに向いてますね。

 

私は着たことがありません。

 

ていうか、なくても全然大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類

 

 

スプリング

 

 

7〜8月(真夏)に適したウェットスーツになります。

 

簡単に言うと半袖・半ズボンのウェットスーツです。

 

スプリングを着てる人は

 

あまり見かけないですね。

 

無くても全然大丈夫ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類

 

 

タッパ

 

 

7〜8月(真夏)に適したウェットスーツになります。

 

簡単に言うと半袖・上半身のみのウェットスーツです。

 

上半身はタッパ、

 

下半身は海パンの組み合わせになります。

 

私はこの組み合わせが好きで、

 

真夏の昼に入るときはタッパ+海パンで入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類

 

 

海パン

 

 

言わずと知れた海パンのみです。

 

海パンだけだとおなかがボードに擦れて痛くなるので、

 

私はお勧めしませんね。

 

背中が日焼けで痛くなるし。

 

ラッシュガードでもいいから

 

何かしら着ることをお勧めします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

はじめに
ウェットスーツ全般について簡単に説明してます。
メーカー
ウェットスーツメーカーはたくさんあります。私の知ってる代表的なウェットスーツメーカーを紹介します。あくまでも私の好みのウェットスーツメーカーなので参考程度に見てくださいね。

はじめに Surfboard Wetsuit 小物 技の種類 MarineSports 雑学 ポイント紹介 日記&News