UA-97387976-1

これからサーフィンをやろう!という初心者を応援するホームページです。初心者でなくても、海大好きな人・サーフィン大好きな人、ここに集まれ!!

初級編

初級編では波に乗る基本的な技術について簡単に説明します。
ここまで来たらもうひと頑張り!
波に乗れるようになると楽しさが100倍になります。
頑張ってくださいね!

 

 

初級編

 

テイクオフ

 

テイクオフとは波に乗る技術のことです。
凄く奥が深い、そしてとても大切な技術になります。
テイクオフがしっかりできる人、できない人では雲泥の差が生まれます。
テイクオフがバッチリきまるだけでもサーフィンの醍醐味を味わうことができるでしょう。
それほど重要な技術になります。
簡単ですが段階分けして説明します。

 

『その1』
最初は一般サーファーの邪魔にならないインサイドで練習するといいでしょう。
小さい波かスープ(波が崩れた白い波)で練習するのがいいと思います。
ここでは波に押してもらう感覚を覚えてください。
波が来た!と思ったら全力でパドリングします。するとボードが波に押される
感覚があるはずです。(最初の頃は必至すぎてわかりにくいかも。)
ボードが押された瞬間、一気に立ち上がります。
立つときの手の位置はおへその横辺りになります。なぜかというと、おへその位置は
ボードの中心にあるわけですから、最もボードが安定する位置になります。
最初は窮屈に感じると思いますが練習してるとすぐに慣れますよ。
目線は絶対に下を見てはいけません。頭を上げて進行方向を見てください。
下を見ると思い頭が下に下がってしまいパーリング(ボードから落ちる)してしまいます。
ここで大切なのは波に押される感覚です。

 

『その2』
ここではアウトまでいきスープではなく波が崩れる前の段階(うねり)で
テイクオフにチャレンジしましょう。
うねりからテイクオフが出来ればサーフィンの醍醐味が味わえるでしょう。
『その1』では波に押される感覚でしたが、『その2』では波を滑り降りるといった感じになります。
滑る台を滑り降りるような感じかな。最高に気持ちいい瞬間です。
波が来た!と思ったら波が右方向に崩れるか、左方向に崩れるかを予測します。
その後全力でパドリングしますが、目線は波が崩れる方向(行きたい方向)を見ます。
決して下を見てはいけません。
ボードが波に押されたらその瞬間一気に立ち上がります。(『その1』でやった練習と同じです)
荷重は7:3で前足荷重と言いますが、最初はその感覚がよくわからないと思いますので
前足に体重をかける感じでいいと思います。
するとボードは一気に走り出し、進行方向に向かって滑り出します。
この瞬間がたまらなく気持ちいいのです。
立つタイミングが一瞬でも遅れてしまうとボードが波から降ろされてしまい、
スピードの乗ったテイクオフになりません。

波のトップからテイクオフするのが一番スピードが乗って気持ちいいのです。
また、サーフィンはスピードが命なので、この後技をやるにしてもスピードがのってないと
次の技に繋がりません。
波に押される感覚立つタイミング下を見ないがとても大切です。

 

『その3』
早い波・掘れている波の場合は、ボードをやや斜めにしてテイクオフするといいでしょう。
波に対してボードを斜めにしてテイクオフすると、立った瞬間にレールが入るのでパーリング
しにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

初級編

 

プルアウト

 

プルアウトとは乗ってる波から外れること、ライディングをやめることです。
この技術はとても大切です。
どのようなときに使うか?
主にライディングを途中でやめたいときに使います。

 

例えば、
@ ライディング中、進行方向に人がいた。
A 前乗りしてしまった。(サーフィンでとても重要なルールです。)

 

では、プルアウトのやり方を簡単に説明します。
波のトップからテイクオフが決まりスピードが乗っています。
このとき荷重は前足にかかていると思いますが、スピードを殺したいので後ろ足
体重を乗せます。するとスピードが落ちるので目線を波の裏側(プルアウトしたい方向)
に向け、ボードを波の裏側へコントロールしプルアウトします。
この技術がないと人に突っ込んだり、障害物に突っ込んだりして大変危険です。
テイクオフが出来るようになったら必ず習得しましょう。

 

あと大切なのは他のサーファーを気遣い、事故を起こさないこと。
テイクオフのとき周りを確認し、人がいる場合は無理にテイクオフせず
次の波を待ちましょう。
車と一緒で、行っちゃえ!たぶん大丈夫だろうが事故につながります。
混んでいるポイントは避けて、人の少ないポイントでサーフィンを楽しむのも
事故回避のひとつの方法かもしれませんね。

 

関連ページ

はじめに
サーフィンの技について簡単に解説してます。
基本編
サーフィンの基本中の基本を解説してます。これを出来るようになるのが一番大変かも・・・。
中級編
ここからは自分の技術でスピードの調節が出来るようになり、見た目もかなり格好いいんじゃないかな・・・。
中級・上級編
ここまでくると楽しくて楽しくてしょうがないんだろうね。見た目もかなり格好いい!サーファーが最終的に目指すところです。