UA-97387976-1

これからサーフィンをやろう!という初心者を応援するホームページです。初心者でなくても、海大好きな人・サーフィン大好きな人、ここに集まれ!!

基本編

 

基本編

 

パドリング

 

サーフィンの基本中の基本です。
ボードの上に腹這いになりクロールのように手でかいて移動する技術です。
陸上で例えたら歩いたり走ったりすることですね。
まず最初の壁です。
簡単そうですが、いざやってみると意外に難しいんです。
ボードがフラフラして安定せず、全然前へ進まないんです。
ただでさえ安定しないのに、そこへ波がきますからね。
始めたころは筋力がなくてすぐに疲れてしまうんです。
コツは、まずボードの中心に乗ること。おへそがボードの中心にくるようにします。
おへそ周りでバランスをとる感じです。
脚は閉じて、お尻をキュッとしめて、胸を張ります。背筋をやってる感じですね。
これが基本姿勢になります。
あとはクロールのように手でかきます。
手を水の中へ深く入れすぎると左右にグラグラしてバランスを崩すので、
バランスを保てるくらいで大丈夫です。
腕の回転スピードを上げても決してパドリングのスピードは上がりません。

出来るだけ前のほうへ手を入れ、お尻のほうまでしっかりかいてください。
焦って腕をグルグル回しても前に進みませんよ。
1回1回のストロークを大事にしてください。
あとはひたすら練習です。
そうすると自然に筋力もついてきて、いつのまにかスピードが上がってますよ。

 

 

 

 

基本編

 

波待ち

 

アウト(沖)でボードにまたがって座ってるのを見かけませんか?
あれが波待ちです。
ボードの上に座ると腹這いより目線が上がるのでうねり(波)が見やすくなるんです。
あともう一つ大事なこと。休めます。
コツは、バランスがとりやすい場所に座ってください。
あとは足をうまく動かしてバランスをとります。
これも簡単そうですが以外にうまくいきません。
フラフラしてひっくり返ることでしょう。
周りのサーファーを参考にするのもいいですよ。
見るのも上達には必要なことです。
これはコツをつかめばすぐ出来るようになりますよ。

 

 

 

 

 

基本編

 

ドルフィン(ドルフィンスルー)

 

波の下に潜って波をかわす技術です。
なぜこの技術が必要か?
アウト(沖)へでるとき必ず波がきますよね。
小さい波なら普通に波の上を通れば難なくかわせますが、波が大きくなると
そうはいきません。せっかく頑張ってパドリングしたのに波の力でインサイド(岸)へ
戻されてしまいます。
そんなときに活躍するのがこのドルフィンです。
順を追って簡単に説明しますね。

 

@パドリングでスピードをつける。

 

A波がきたら体の体重を使ってノーズ(ボードの先端)を力いっぱい沈めます。
波が大きければ大きいほどより深く沈めるといいでしょう。

 

B沈めると同時にすぐに体をボードにくっつけます。(ボードと一体になる感じ。)

 

Cテールが浮いてると波がぶつかって戻されてしまうので、デッキパット付近を足で蹴り沈めます。

 

この一連の動作がドルフィンです。
ドルフィンのコツはタイミングです。
沈めるタイミングが早いと波が通り抜ける前にボードが浮上してしまいます。
タイミングが遅いとボードを沈める前に戻されてしまいます。
これも練習あるのみです。
諦めずに頑張ってください。
ドルフィンが出来るようになるとアウトに出るのが格段に楽になりますよ。

関連ページ

はじめに
サーフィンの技について簡単に解説してます。
初級編
波に乗る技術について解説してます。これが出来るようになるとサーフィンが楽しくなってくるよ。
中級編
ここからは自分の技術でスピードの調節が出来るようになり、見た目もかなり格好いいんじゃないかな・・・。
中級・上級編
ここまでくると楽しくて楽しくてしょうがないんだろうね。見た目もかなり格好いい!サーファーが最終的に目指すところです。