UA-97387976-1

これからサーフィンをやろう!という初心者を応援するホームページです。初心者でなくても、海大好きな人・サーフィン大好きな人、ここに集まれ!!

ルール

 

どんなスポーツにもルールがあるようにサーフィンにもルールがあります。
ここではサーフィンのルールを紹介します。
ルールを守らないと事故につながるので必ず守ってくださいね。

 

 

 

ワンマンワンウェイブ
原則として1つの波に1人しか乗れません。
もっと具体的に説明すると、1つの波でレギュラー・グーフィーと2方向に乗れるので
1つの波に最大2人乗れることになります。

 

 

 

前乗り(ドロップイン)禁止
すでにテイクオフして波に乗ってる人がいるのに、そのサーファーの進行方向でテイクオフ
することを「前乗り」といい禁止されています。
このルールに関してはとても厳しいです。
ポイントによってはとても大変なことになることも。
急に途中から入ってきたら危険ですよね。
テイクオフをするときは必ず周りを確認しましょう。
万が一前乗りしたときはすぐに謝るのがマナーです。

 

 

 

ライディングラインからゲットアウトしない
ゲットアウトするとき(沖に出るとき)は波に乗っている人の邪魔をしないようにしましょう。
やむを得ないときもありますが、邪魔をしないよう努力はしましょうね。

 

 

 

ピーク優先
波がブレイクするピークの一番近くにいるサーファーが、その波に乗る優先権があります。
初心者には判断が難しいかもしれませんが気を付けるようにしてくださいね。
ピークとは波が崩れ始める場所を指します。

 

 

 

集団入水しない
想像してみてください。
海に入っているときに集団で一気に入ってきたら嫌ですよね。
場所によってはポイントの狭いとこもあります。
たくさんの仲間とサーフィンするのは楽しいですが、集団で一気に入らず
時間を少しずらして入るとか、少し距離を離れて入るようにしましょう。
他のサーファーのことも考えて行動しましょうね。

 

 

 

(サーファーの真後ろでパドルしない)
ルールではありませんが、ゲットアウトするとき他のサーファーの真後ろでパドルすると、
前のサーファーが波に押し戻されたときに衝突する危険があります。
ゲットアウトするときは距離を離してパドルするようにしましょう。


関連ページ

マナー
私が感じたマナーを解説してます。
なぜ塩水?
海の水が塩水なのは当たり前だよね。でもなぜ塩水なのか・・・?
プロの年収
日本と外国のプロサーファーの年収っていくらくらい?
ポイント選びと天気図
海へ行くとき、ポイント選びはとても大事なことです。ただ闇雲に車を走らせても時間の無駄。ある程度ポイントを決めたほうがいいよね。
海のゴミ
海にゴミはどのくらいあると思いますか?ゴミによってどのような事が起こるのか・・・。
砂浜の浸食
海の砂浜が無くなってきてることを知ってますか?このままだと日本のサーフポイントや海水浴場が無くなっちゃうかも!
波の各部名称
波の各部名称について簡単に解説してます。
波の音
波の音って心地よくて癒されるよね。実はこれには理由があるんです!
波を考える
波が出来るのもイロイロな条件があるんだよね。波のクウォリティーを大きく左右するのは風なんです。
髪の毛と海水
これって誰もが気になることだよね。日常のケアは大事かもよ!
サーフィンの歴史
サーフィンの歴史について簡単に解説してます。歴史って面白い!
東京オリンピック
2020年には東京オリンピックがあります。しかもサーフィンが追加種目に選ばれました。みんなで応援して盛り上げていきましょうね。