このページの先頭へ

スキューバダイビングはメジャースポーツと言っても過言ではないですね。一度は聞いたことがあるでしょう。実はダイビングってライセンスがたくさんあるんですよ。ここではダイビングの魅力とライセンスについて解説します。

スキューバダイビング

 

 

スキューバダイビング、やったことありますか?

 

体験ダイビングがあるし経験者多いと思います。

 

奇麗な魚が見れて楽しいよね。

 

「まるで竜宮城に来たみたい。」って思うような世界が見れるよね。

 

非現実的な世界が見れて、とても楽しいスポーツです。

 

 

 

 

 

体験ダイビングはインストラクターが付いてくれて誘導してくれます。

 

では、自分の好きなようにダイビングを楽しむにはどうしたらいいか?

 

スキューバダイビングにはライセンスがあるんです。

 

しかも細かく細分化されてます。

 

どのようなライセンスがあるのか?

 

紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキューバダイビング

 

OWD(オープンウォーターダイバー)

 

 

一番最初に取るライセンスがOWDです。

 

自立してダイビングをするためには必要なライセンスです。

 

このライセンスを取得すると、2人以上のダイバーと一緒に水深18mまでダイビングすることができます。

 

しかし、「自分の経験内で潜る。」というルールがあるので、潜ることの出来ない

 

場所や受講できないコースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキューバダイビング

 

AOW(アドバンスド・オープンウォーターダイバー)

 

 

魚たちを見るのではなく、

 

沈んだ船がみたい。」・「海の洞窟がみたい。

 

と思う人はAOWのライセンスが必要になります。

 

このライセンスは、

 

18mよりも深いダイビングを経験して危険性や楽しみ方を教わりますので、

 

コース終了後もその深度までのダイビングを楽しむ事ができます。

 

日本全国・沖縄各島・海外リゾートなど様々な場所にダイビングポイントが

 

ありますが、ほとんどの場所で、名物となっている有名なポイントを潜る為には、

 

このAOWライセンスが必須になっていることが多いです。

 

本当のダイビングを楽しむためには、この資格が必要かもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SP(スペシャリティ・ダイバー)

 

 

潜る場所によって必要なライセンスがあるんです。

 

海に潜るということは命に関わることだからね。

 

ここからはさらに細分化されたライセンスを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキューバダイビング

 

ボートダイバーSP

 

 

ボートでのダイビングは慣れないと戸惑うことばかり。

 

深度もビーチでのダイビングより深くなります。

 

ということは難易度も高くなりますよね。

 

安全に楽しむには必要な資格ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキューバダイビング

 

ディープダイバーSP

 

潜りたいポイントがAOWで経験した深さよりも深い!

 

そんな時に必要なライセンスがディープダイバーSP。

 

このコースではダイバーの絶対限界とされている

 

水深30 〜最大40mまでの経験を積むことができます。

 

こんな深くまで潜るとどんな世界が見れるんだろう?

 

興味あるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキューバダイビング

 

ドリフトダイバーSP

 

 

ダイビングをやる場所によっては、潮の流れが強いポイントもあります。

 

そんな時は、潮の流れに乗ってダイビングを楽しみます。

 

そのためにはこのライセンスが必要なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキューバダイビング

 

RED(レスキュー・ダイバー)

 

 

このライセンスは、一緒に潜ってる人を守ってあげたい、人を助けたいと思う人が

 

取得するライセンスです。

 

このライセンスを目指す人、かっこいいですね。

 

ダイビングスキルを上げたい人に人気のある資格です。

 

 

このライセンスを受講するには参加前資格として、

 

@ AOWライセンス

 

A 緊急用酸素の与え方を学ぶ酸素SPライセンス

 

B 応急手当の方法を学ぶEFR(エマージェンシーファーストレスポンス)ライセンス

 

が必要になります。

 

REDはかなり難しいライセンスになります。

 

人を助けるためのライセンス。

 

難しいのは当然かもね。

 

 

 

 

 

スキューバーダイビングはこれだけのライセンスがあります。

 

海に潜るということは危険があるということだよね。

 

でも資格がたくさんあるのは、裏を返せばやりがいがあるよね。

 

海の中の世界。

 

見てみたいよね。

 

ライセンスのことをもっと詳しく知りたい人は

 

こちらがお勧めです。

 

http://www.divinglicenseschool.com/c_card/price.html


  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

SUP(スタンドアップ・パドルボード)
SUPって知ってますか?サーフィンほどメジャーではないけど、やってみると面白いかも!?これ一つでたくさんの事が出来ちゃうんです!!
ウィンドサーフィン
ウィンドサーフィンやったことありますか?大きな帆を立ててスピードに乗って楽しそうですよね。競技としても人気があって、いくつかのカテゴリーに分かれてるんですよ。派手なアクションもできるらしい!
ウェイクボード
ウェイクボードは聞いたことある人結構いるんじゃないかな?では、やったことある人は?ウェイクボード、なかなか面白いですよ!
ジェットスキー
ジェットスキーやったことありますか?海を縦横無尽に疾走して楽しそうだよね。でも誰でも乗れるわけではないんです。免許が必要なんです!ここではジェットスキーの魅力と免許について解説します。
シュノーケリング
マリンスポーツを本格的に始めるには、道具を揃えるのに費用が結構かかります。しかしシュノーケリングは比較的少ない費用で始めることができるスポーツです。特別な技術は必要ないので、子供からお年寄りまで楽しめますよ。
スキンダイビング
シュノーケリングから一歩進んで、海の中へ潜るスポーツです。スキンダイビングを楽しむためにちょっとした技術が必要ですが、とても魅力的なスポーツです。イルカと戯れながら泳ぐこともできますよ!
スキムボード
あまりメジャーなマリンスポーツではないけど、チョット変わった魅力的なマリンスポーツなので紹介したいと思います。スキムボードをやったら注目されること間違いなし!
ボディーボード
大人から子供まで楽しめるマリンスポーツ。夏になると海の家でレンタルしてますよね。このページではボディーボードの魅力にせまります。
パラセーリング
あまり聞いたことのないマリンスポーツですよね。一体どのようなマリンスポーツなのか・・・?実はとても楽しくて気持ちいいマリンスポーツなんですよ!
シーカヤック
あまり聞き慣れないマリンスポーツですよね。一体どんなマリンスポーツなのか?解りやすく解説していきます。

はじめに サーフボード ウェットスーツ 小物 技の種類 おもしろ雑学 マリンスポーツ 映画 日記